ガレージハウスの知識

【ガレージハウスを建てる際の土地選びのポイント】建てる業者と一緒に探すのがおすすめ!

【ガレージハウスを建てる際の土地選びのポイント】建てる業者と一緒に探すのがおすすめ!
本記事でわかること

✓ガレージハウスの土地の選び方
✓土地選びで気を付けるポイント

ガレージハウスを建てる際の土地選びってどうすればいいの?気を付けるポイントを教えて!

ガレージハウスを建てるには、まず土地を選ばないといけません。

家を建てる際の土地選びは重要です。

結論

土地選びで失敗しない方法は、ガレージハウスを建ててくれる業者(プロ)と一緒に土地探しするべし!

ご自身で土地を探して購入して、いざガレージハウスを建てようとしても、購入した土地では理想のガレージハウスを建てれない、、、ということがあります。

土地に家を建てるには、さまざまな法律や規制があるからです。

今回はガレージハウスを建てる上で重要な土地選びについて、重要なポイントを解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください(^^)/

 

この記事を書いた人
yuji

yuji
リフォーム業界歴10年
2級建築士
宅地建物取引士
マンションリフォームマネージャー
福祉住環境コーディネーター2級

建築基準法などの法規制:土地の条件を確認

ガレージハウスを建てる際には、法律や規制に違反しないよう、土地の条件を確認することが必要です。

①建築基準法

建築基準法

建築物高さ制限

建物の高さ制限

建築物の高さには制限があります。

地域によって異なりますが、一般的には10m以下となっています。

ガレージハウスを建てる際には、この高さ制限を守る必要があります。

土地の間口制限

土地の間口制限

住宅など建築物の敷地は「幅員4m以上の道路に2m以上接しなければならない」と規定されています。

条件を満たさない土地は、ガレージハウスを新築することができません。

建ぺい率、容積率

建ぺい率、容積率

建築物の面積には、建ぺい率と容積率という制限があります。

建ぺい率は敷地面積に対する建物を上から見た面積の比率で、容積率は敷地面積に対する延べ床面積(各階の床面積の合計)の比率です。

地域によって異なりますが、これらの制限を守る必要があります。

ちなみにビルトインガレージなどの車庫の面積は、延べ床面積(各階の床面積の合計)の5分の1を上限として、延べ床面積に算入しないと定められています。

yuji
yuji

建築基準法にはガレージハウスを建てる際の規制があります。
これらの規制を守りながら土地選びを行い、安全かつ合法的な建築を行うことが大切です。

②宅地造成等規制法

宅地造成等規制法

宅地造成等規制法には、土地の造成や区画整理に関する規制が定められています。

宅地とは住宅用の土地をいい、家を建てるには土地の地目が宅地になっていないといけません。

宅地造成とは、宅地以外の土地(森林や農地等)を住宅地等にするため、土地の形質を変更することをいいます。

また、すでに宅地である土地の形質変更も「宅地造成」になります。

ビルトインガレージハウスを建てる際には、宅地造成等規制法に違反しないよう、適切な手続きを踏む必要があります。

③都市計画法

都市計画法は、街づくりのルールを定めた法律です。

地域によって防火地域や準防火地域と定められているところがあり、建築材料を燃えにくい素材にしなければならなかったりします。

ようするに、自分の好きなデザインや素材の建材を使えないことがあるのです。

yuji
yuji

土地にはそれぞれ法律や規制があるので、どんな条件の土地なのかをしっかり確認することが大切です。

駐車スペースの確保:愛車を停めるスペースを確認

駐車スペースの確保:愛車を停めるスペースを確認

一般的に車1台あたりの駐車スペースは、15㎡程度が必要とされています。

ご自身が所有している愛車のサイズや台数、現在だけでなく将来的にも考え、必要なスペースを確保できるかどうか確認することが大事です。

また土地だけでなく、前面道路からのアクセス性も確認しましょう。

車が通るスペースは幅3mは必要です。

前面道路と土地に高低差がある場合や傾斜地は、駐車の際に車の底やマフラーを擦ったりすることがあるので、合わせて確認するといいでしょう。

土地内に高低差がある場合も、完成後道路と高低差が出ることがあるので注意が必要です。

土地内の高低差に関しては、一級建築士サワダ住宅相談室さんの動画でわかりやすく解説されているので、リンクを貼っておきます。

 

yuji
yuji

ガレージハウスは車の出入りがしやすいよう、前面道路が広く間口も広い土地がおすすめです。

地盤調査:地盤や水はけなどの地質条件を確認

地盤調査:地盤や水はけなどの地質条件を確認

ガレージハウスに限ったことではありませんが、家を建てる際には地盤や水はけなど地盤調査が大事です。

地盤調査では、地盤の種類や強度、地下水位などを調べることができます。

また、建物を建てるにあたって必要な基礎の形状や強度、設計上の注意点なども把握することができます。

ハザードマップで、災害が予想される土地ではないかどうかの確認も大事です。

yuji
yuji

土地が周りと比べて低い場合も注意が必要です。大雨などの際、ガレージに水や土砂が流れてくる危険性があります。

環境の確認:周辺環境や地域について確認

土地周辺の環境や地域性についての確認も大事です。

塩害や鉄粉には注意

塩害や鉄粉には注意

海の近くは塩害があったり、線路の近くは鉄粉が飛んでくることがあるため注意が必要です。

地域の規制に沿った建築を行う必要がある

地域の規制に沿った家を建てないといけない

建物を建てる地域には、地域の特徴や風土に合わせた規制が設けられている場合があります。

例えば、建物の高さや形状、色彩などについて規制がある場合があります。

ガレージハウスを建てる前に、地域の規制を確認し、規制に沿った建築を行わなければいけません。

周囲の景観に合わせた外観の設計を行う必要がある

ある程度周囲の景観に合わせた外観デザインにすることで、周辺住民からの受け入れやすさが高まります。

例えば、周囲に自然が豊かな公園や森林がある場合、建物の配置やデザインには、周囲の自然に調和するように配慮するということです。

周辺の安全性についても検討する

周辺環境の安全性も検討する

犯罪が多発する地域であれば、ガレージハウスを建てることで犯罪の標的になる可能性が高くなるため、適切な対策が必要となります。

また地域の防犯対策も確認しましょう。

防犯カメラや街灯の設置、地域の防犯パトロールなど、地域全体で防犯に取り組んでいるかどうかが重要です。

もちろんガレージハウス自体にも、セキュリティカメラの設置や、自動施錠機能のあるガレージドアの設置など、防犯対策を施すことが必要です。

yuji
yuji

周辺の景観や環境に配慮するためには、地域の文化や歴史、自然環境などの特徴を把握し、建物のデザインや配置などを決定することが重要です。周辺住民の理解を得るためにも、周囲の環境に合わせた建物の設計を行うことが大切です。

日当たりと通風:日当たりや風通しを確認

日当たりと通風:日当たりや風通しを確認

「日当たり」と「風通し」は、居住空間にとって重要な要素の一つです。

日当たりがいいか確認

日当たりが良好な住宅は、陽光を十分に取り入れるために室内が明るくなり、光熱費の節約にもつながります。

周囲に高い建物や山がある場合、日照時間が短くなってしまうため、住宅の設計や窓の配置などを工夫する必要があります。

日当たりを確認する際には、建物の高さや配置、周囲の地形などを考慮することが重要です。

風通しがいいか確認

風通しの良い住宅は、室内の空気が新鮮に保たれるため、健康的な居住環境を実現することができます。

また、夏場には涼しく、冬場には暖かく過ごすことができます。

周囲の建物や地形によって風向きが変化するため、建物の配置や窓の位置などを検討することが必要です。

yuji
yuji

日当たりと風通しは、居住空間にとって重要な要素の一つであり、ガレージハウスを建てる際には、周囲の建物や地形などを考慮して確認することが大切です。

周辺施設:日常生活に必要な施設を確認

周辺施設:日常生活に必要な施設を確認

周辺施設には、スーパーや公園、職場、学校、病院、銀行など、日常生活に必要な施設が含まれます。

周辺施設のアクセス性を確認することは、住宅環境の良し悪しに大きく関わってきます。

周辺施設のアクセス性を確認する際にチェックすべきポイントをいくつか紹介します。

交通アクセス

住宅の最寄り駅やバス停、高速道路へのアクセスなど、交通の利便性が重要です。

通勤や買い物など、日常的な移動が円滑に行えるかどうかを確認することが大切です。

yuji
yuji

高速道路出入口が近いと、遠出のツーリングに便利ですね。

スーパーやコンビニなどの店舗

食料品や日用品を購入するためには、スーパーやコンビニなどの店舗のアクセス性が重要です。

また、その店舗の品揃えや価格帯なども確認しておくことが望ましいです。

公園や緑地

公園や緑地は、リフレッシュや運動をするために重要な場所です。

周辺に緑地が豊富な場所に住むことで、自然と触れ合える環境を手軽に楽しめるようになります。

学校や病院

子育て中の方にとっては、学校のアクセス性が重要です。

また、緊急時に頼れる病院が近くにあることも、安心できる住宅環境のひとつです。

yuji
yuji

周辺施設のアクセス性を確認することで、快適で便利な住宅環境を手に入れることができます。

価格:土地の価格が予算内であるかどうかを確認

価格:土地の価格が予算内であるかどうかを確認

土地の価格は、その土地の場所や面積、形状、地形、地盤、利便性、周辺環境などによって大きく異なります。

また、土地の購入価格以外にも、手数料や税金、登記費用などの諸経費もかかることを忘れずに考慮する必要があります。

もちろんガレージハウス建築費用も別途必要になります。

土地探しをする前に、まずガレージハウスを建築するトータル予算を決定して、土地と建物両方合わせて考えていくことが重要です。

ガレージハウスを建てる際の土地選びのまとめ

 

要点のまとめ
  • 建築基準法など土地の法規制を確認する
  • 愛車の駐車スペースが十分か確認する
  • 土地の地盤や水はけ、災害リスクなどを確認する
  • 周辺環境や地域性について確認する
  • 日当たりと風通しがいいか確認する
  • 日常生活に必要な施設へのアクセス性を確認する
  • 予算は土地と建物トータルで考える

今回は、ガレージハウスの土地選びについての内容でした。

土地選びは場所と価格だけではなく、法規制や災害リスク、日常生活のしやすさなど考慮すべきことが多岐に渡ります。

ガレージハウスの土地探しで失敗しない方法は、土地の購入とガレージハウス建築を別々に考えるのではなく、ガレージハウスを建ててくれる業者と一緒に土地探しをすることです。

ガレージハウスは建築と土地探しを一緒に進めることをおすすめします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

「ガレージハウスの業者探し」は、下の記事を参考にしてください。

【ガレージハウスが得意な業者の探し方】おすすめは一括相談サイト!新築、リフォーム別のサイトを紹介
【ガレージハウスが得意な業者の探し方】おすすめは一括相談サイト!新築、リフォーム別のサイトを紹介【ガレージハウスが得意な業者の探し方】おすすめは一括相談サイト(ポータルサイト)を利用すること。新築、リフォーム別のおすすめサイトをご紹介します。ガレージハウスの相談をどこにしたらいいかわからない方のお役に立てれば幸いです。...

「ガレージハウスを建てる方法」は、下の記事を参考にしてください。

【ガレージハウスを建てる方法】ガレージハウスを新築で建てる流れやポイントを解説
【一人暮らしのガレージハウスを建てる方法】ガレージハウスを新築で建てる流れやポイントを解説一人暮らしのガレージハウスを新築で建てる流れや方法、気を付けるポイントなど、初心者の方でもわかるよう解説しています。ガレージハウスを建てたいとお考えの方の参考になれば幸いです。...

「ガレージハウス暮らしの実現方法」を知りたい方は、下の記事を参考にしてください。

【夢のガレージハウス暮らしを実現する】愛車と暮らす3つの方法!
【夢のガレージハウス暮らしを実現する】愛車と暮らす3つの方法!愛車と一緒に暮らす!そんな夢の暮らしを実現できるのが、ガレージハウスです。この記事ではガレージハウスを実現する3つの方法をご紹介します。またガレージハウスを建てる際のポイントや流れも紹介していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。...

みなさんの憧れのガレージハウス暮らしが実現することを願っています(^^)/

\しっかり学んで知識をつけよう!/
\しっかり学んで知識をつけよう!/